flower border

テレジアの蒼い小窓

日々の暮らしの中で感じたこと・・他のひとにも聞かせてあげたくなる話・・人生しみじみする話・・ 胸キュンの話・・等など・・気軽に遊びに来てください。 テレジアの蒼い小窓はいつでも開いています。

宇佐神宮~越後湯沢温泉の旅!~その⑤~

Category旅の思い出
2018.03.31
中津駅からJRで湯布院に来ました。
湯布院駅は思っていたより(温泉地だからもっと渋いかと・・)オシャレな建物でした。

p.jpg
湯布院駅前
この写真は朝の湯布院駅です。
湯布院は国内はもとより東南アジアからも観光客が多いのですが、大抵ここに到着するのは宿に入る時間帯。
ということは一番混むのが夕方の4時過ぎから6時くらいまで。
朝は早くから次の観光地に向かうので、10時前後が一番混み合うのだとか。
当然、駅前のお土産屋さんは朝早くから開店、夕方は6時には閉店だそうです。
温泉街を夕涼みがてらの散策。。というのはないのだそうです。


@.jpg
駅前から真正面に見えるのが湯布院岳。
駅前はきれいに整備されていて、コインロッカーもお店にまで用意してあり、きれいな温泉街です。
が・・ちと・・私のような年ごろには「風情」がちょいと足りないかな~。

今日のお宿はここから車で20分くらいの人里離れた山のふもとの温泉宿「奥湯の郷」です。
送迎を頼んだので、まだ時間がありました。
それで、由布院駅から距離は1㎞ちょっとですが、話題のカフェやスイーツ店、雑貨屋、ご当地バーガー、揚げたてコロッケ、大分名物のとり天等々…70以上ものお店が並び、食べ歩きやショッピングが楽しい坪街道をブラブラしながら、観光スポットになっている「金鱗湖」に向かいます。


DSC08453.jpg
にぎわう街道


DSC08455.jpg


DSC08454.jpg
行き交うのは若者・・海外観光客と国内の妙齢のご婦人たち・・。


DSC08456.jpg


DSC08460.jpg
湯布院岳
ずーっとこの湯布院岳を眺めながら歩いていたので、登ってみたくなりました。
実際、地元の小学生は授業で登るのだとか。穏やかな山だと感じました。



DSC08457.jpg
金鱗湖です。
湯布院の観光スポットで外せない、と言われている湖でしたが、季節的なこともあるのか・・うーんイマイチという感じでした。
湖で印象深いのは他にもあったよな~と思ってしまいました。
この写真に映る建物はホテルかな・・?

かれこれブラブラ歩きで、買い物したのは「猫屋敷」ならぬ「猫グッズ何でもあり」の可愛いお店「湯布院の猫屋敷」で、色々買っちゃいました~。
湯布院に来て、猫グッズ?とあきれた自分もいましたが~。

の子グズ
お気に入りグッズです♬
このほかにも4点ほど小物やキャンディを(笑)


そして、夕方5時に迎えに来てくれた車で「奥湯の郷」に向かいました。
この宿は、平日なら一人もOkで、車にはもう一人の女性がいました。
駅近郊の綺麗で名高いホテルを避けたのは・・のんびりしたかったのと、ここの温泉質が独特で、時間の経過や天候次第で湯の色が「蒼色」に変化していく・・というのをHPで知ったからでした(奥湯の郷のHpはこちら
しかも・・部屋数も人数も多くないこじんまりとした宿というのが伝わってきました。秘湯の宿、という趣でした。

車はかなりの山奥?に入っていきました。
クネクネする山道独特のカーブ道を、まだか?まだか?と思うくらいにです。
近隣には人家がありません・・。
運転する宿の方の話だと、宿がある集落は「平家の落人」達の村だったそうで、今でもそういう点在する家々があるのだそう・・。
うーん・・私好みの歴史的温泉♨!

看板
「奥湯の郷」の看板



朝の宿前
「奥湯の郷」です。
この写真は到着した夕方でなく、朝に撮ったものです。
人里離れた集落の・・朝の雰囲気が感じられますか~?



湯の説明
ここのお湯の説明がこいう素朴な(笑)案内なのもすごくいい感じ~。



o.jpg
私の泊まる部屋です。
ほんとに何もない部屋で(笑)寛げました~。

夕方5時半過ぎに着き、夕食は6時から食堂でいただきます。
さて・・食事の前に、やっぱり♨!!

ということで・・ここの温泉は別棟になります。
家族風呂仕様の内風呂と露天風呂が2棟あり、自室の掛札をかけておけば、貸切で入浴できるシステムです。
この日は私と、車で一緒だった女性と若い女性6人の合計8人の泊りだったので、すごくゆっくりとお風呂にも何回も入ることができました!

朝の湯殿
別棟の入浴場



林の中
その横はこういう林がいっぱい・・。



DSC08470.jpg
こんなふうに自室の掛札を下げておきます。



DSC08493.jpg
内風呂です。
ちょっと湯温が高いのと露天のほうが色が綺麗だから、ここは一回くらいしか入らずに終えました。


DSC08471.jpg
露天風呂!
写真より綺麗な色合いで、お湯もすごくいい感じのトロトロした良い泉質!
で、私は貸切だから誰も入ってこないから、カメラ持参して、セルフタイマーで数枚撮りました(笑)
でもさすがにそれをここに掲載することはできませんね~(笑)
だけど、それくらいに興奮しましたよ~。

立て続けに露天風呂の写真を・・。

応



DSC08496.jpg
良い感じの色合いでしょう~?

一回目の入浴の後は食事タイムです。


DSC08480.jpg
夕食も朝食も宿の女将さん自らが作ってくださいます。
食材はぜーんぶ地元のもので、山菜などもいっぱい!
食前酒は自家製のブルーベリー酒でしたが、このブルーベリー酒が美味しいのなんのって!!
私・・次の日・・女将さんにお願いして、分けていただきました~。

ここの女将さんというのが、知る人ぞ知る方のようで(もちろん私は知らなかった(笑))御年80歳を超えんとする方で、ナント60代に宿をお仕事にし始めたのだそうです。
夕食時に気さくに泊り客一人一人に話しかけてくれて、いっぱい色んなお話もしてくれて。。いっぺんにファンになります!
多分、リピーターが多いのは女将さんの人柄に魅かれてというのもあると思います。
スタッフの方も近所の主婦の方々・・という感じで、すごく癒されました。
女将さんもスタッフも若くないので(笑)宿自体は毎日あるのでなくて、週休2日だそうです(笑)
送迎してくれた男性が息子さんということで・・気丈に頑張っている母だけど・・80歳を超えるから・・いつ休むことになるかな~とも話していました。
いつまでもお元気でいて欲しいけど、女将さんの後を若旦那さまが継いでも、この宿の雰囲気や湯の良さは続くと思いました!

夕食をおなか一杯食べて・・部屋で少し休憩して・・。
外は山の中だから真っ暗で静か・・。

布団に寝転がって色々思いながら・・夜中に2回目の入浴に行きました、。


DSC08489.jpg
夜中の露天風呂から見た月です。
真夜中の露天風呂はさすがに・・灯りはぼんやり・・で撮影には厳しかった。
でも空には月が!
星も!
堪能しました!

翌朝・・付近を散歩してみました。
2月末の大分県・・霜が降りていました。

春の霜
九州で見る「春の霜」


原潜の煙
はるか彼方の「源泉の湯けむり」です。
すごいな~。



朝の湯殿天
朝の露天風呂にも行きました。
この撮影スポットは入口の反対側からのもの。


DSC08498.jpg
湯船から見る朝陽


露天
朝の露天風呂の色・・。

朝風呂はチエックアウトぎりぎりまで入りました(笑)

名残惜しいこの宿・・。
また行きたいと思いますが・・いつになるかな~。


宿の猫
宿の猫ちゃんです。
こういうのどかな瞬間も好きでした~。

ほんと思い出に残る、私の「湯布院温泉」おススメの宿です~♪

そして・・私はこの後、羽田まで飛行機に乗り、新幹線で「越後湯沢」に~。















0 Comments

Post a comment