flower border

テレジアの蒼い小窓

日々の暮らしの中で感じたこと・・他のひとにも聞かせてあげたくなる話・・人生しみじみする話・・ 胸キュンの話・・等など・・気軽に遊びに来てください。 テレジアの蒼い小窓はいつでも開いています。

私の鏡になってくれる人

Category雑記
2017.12.03

過日、東京で開催された日本精神保健社会学大会に参加した。
私はこの学会員ではないので、一般市民参加OKのシンポジウム「市民のレジリエンスを高める社会ー身体の芯があたたまる関係を築くー」を聴かせていただいた。

シンポジストは3名いらしたが、その中に、先天性視覚障害(全盲)でLGBTのダブルマイノリティの方がいらした。
この方の発言内容は素晴らしいものだった。
その論旨も発表構成も内容も、聡明さを感じさせた。

その時の私の感動のすべてをここに書くことはしないが、これだけはどうしても書いておきたい発言がある。

「私の鏡になってくれる人」

この発言はシンポジウムの最後に、会場からシンポジスト3人へ「皆さんが、誰かに相談したいとか、聞いてもらいたいと思う人ってどういう人でしょうか」という質問があった時の答えだ。
他の2人のシンポジストの方々もご自身の体験や立場から、穏やかな方とか、笑顔な方とか・・そうだな~と思う発言をされたのだが、この方は最後に、静かに・・でも明確に言われたのだ。

私は・・「私の鏡になってくれる人に話したい」

すごい人だな~と心が震えた。

自分自身を映す鏡・・。
そういう人に出会えないと・・自分の心は見えないし、磨いていけないというのは、私も自分のささやかな体験から断言できるけど、こういう場でのこのような質問に、先天性視覚障害(全盲)でありながら、「鏡」という言葉を使われた、この方の聡明さと人としての深さに本当に感動した。

それ以来・・私の脳裏に「鏡」というワードがチラついていた・・。
どうもここ最近・・私の心は曇っている。薄汚れた感じだ・・。
ついでに・・洗面所の鏡も汚れている・・。
これではアカン!

で・・今朝は一番に「鏡の掃除」をした!
汚れは取れたが・・磨かないから輝きはイマイチ・・。

私の心も同じかも・・。


0 Comments

Post a comment