FC2ブログ
flower border

テレジアの蒼い小窓

日々の暮らしの中で感じたこと・・他のひとにも聞かせてあげたくなる話・・人生しみじみする話・・ 胸キュンの話・・等など・・気軽に遊びに来てください。 テレジアの蒼い小窓はいつでも開いています。

~秋の仙台松島観光と大正ロマン銀山温泉♨~クラス会ツアー~最終章~

Category旅の思い出
2017.11.22
さて、2泊3日の間のお天気は事前の予報に反して、銀山温泉までは良いお天気でした(*^_^*)
ところが、銀山温泉の夜、私のスマホにJALから、明日の飛行状況のお知らせがありました。
曰く、強風により新千歳空港から引き返すか又は欠航の可能性がある、とのことでした。
あらら~です。
どうしようと思いました!
私ひとりならこれまでの数回の経験から対処行動できますが、8人ともなると…心臓ドキドキしましたが、すぐに、引き返した場合の宿の検索をしました。
でも、土曜日の夜なので、リーズナブルで8人全員が泊まれるホテルが見当たらない!
グズグズできない!と思った私はデコちゃんに[飛行機引き返した場合、欠航の時は振替え便手続きは人数が多いのでカウンターで私が。ホテルに関しては、2人ペアになってもらい、各々で検索して空いているとこにしてもらうことにする。明日の朝に皆に連絡しましょ]と話して同意を得ました。
どうぞ…明日の天気が穏やかでありますように

夜中にザーザーという水の音で目が覚めました。
川の近くの宿なので、これは川の音?と思いましたが、それにしてはものすごい濁音!
雨☔️でした。
しかも豪雨…。
ありゃりぁ~でございます!
どうしましょか~。
ま、本日は帰る日だから観光しないということでは気持ち楽ですが・・でもこの天候では・・飛行機のほうが心配・・。

そして朝食時間になり・・会計担当のKさんから、ここまでの決算報告で、みんなに数千円返金できることの嬉しい報告が!
わ~い!
朝食も温泉宿らしい内容で皆で満足して食べたのですが・・・実はこの旅館にはコーヒーを飲める処もオーダーシステムもなかったのです。
ゆえに・・メンバー全員がコーヒーに飢えていました
Sさんが中居さんに「朝のコーヒーのサービスとかはないのですか?」と言うと「そうなんですよね~。ここにはないのですぅ・・。外に行くと云々・・・私個人としてはあったほうがいいと思っているのですが・・・」と、どうもどこなく腑に落ちにくい返答・・・。
そして・・この後、幹事の部屋でこれからの飛行機事情の打ち合わせをすることになり、部屋に戻りました。
そして話し合いをしているとこに、またもや男性が入ってきて・・・「僕は全館の布団担当で、副支配人です。僕が全責任持ちます。まだここのお部屋は布団の整理ができていません。頑張っています・・。そのままいてください。大丈夫です」って・・。????でした。
布団は食事の時に整理することになっているのでしょうが、それは宿の事情で、別にこちらは布団があっても困らないのですが、その男性の言い方と姿勢の唐突さがとても違和感で・・・。
そのままここで話し合いを続ける気分でなかったので、玄関のロービーに行くことにしました。でもロビーには9人が座れるゆとりがなく、仕方がないので、冒頭の写真で写っている大きなテーブルの奥のほうの部屋(赤い毛氈が敷いてある場所)に行きました。
ここはお部屋、だと思っていました!
ここで、今日の飛行機が欠航したときのこと、ホテルのことを話し合い・・その時!そこの小さな戸が開き、そこから板前さんが出てきて・・・「??あ・・ここは通路です・・」と言いながら不思議そうに私たちの真中(赤い毛氈)を歩いていきます。???
ここの向こう側は厨房だったのね?!
と思いきや!!
今度は女将さんが現れて・・・「お客様・・ここは通路です・・向こう側のお部屋に行こうとされるお客様がお待ちです・・」と言われました・・。
????の私たちでしたが、ようやく、ようやくわかりました!
本館と新館をつなぐ通路だったのでした。そこに部屋のような感覚のランプがあり、赤い毛氈もあり、おまけに事前の説明がなかったので、全員が小さな部屋スペースと思っていました!
ま~
ということで・・これまでのいくつかの???に業を煮やしたSさんが・・女将に談判?いやいやご提案です。「ここ最近は和風のところでも、日本人の方はコーヒーを飲むので、コーヒーのサービスが増えていますよね~。そういうことも考えていただけたら・・」というように顧客サービスの観点からの発言!!
女将は・・私のところからは表情も返事の内容もはっきるわからなかったのですが、どうも・・あいまいで、誠実さがなかった・・とのことでした。

外は雨・・。

しかし・・ここでまたKさんのご主人の気配りが!銀山♨まで車で来てくださり、荷物を空港まで運んでくださると!⇒感謝その③
仙台からここまで&空港までの走行距離は半端じゃないです!
「いやいや・・秋田まで仕事で車使うし大丈夫・・」とおっしゃいましたが・・本当にありがとうございましたm(__)m

いろんな・・思い出を作ってくれた銀山温泉「古山閣」・・すべてが大正ロマン・・の出来事・・その土地、その地域、そこに住む人々の織り成す日常と非日常・・でしたね~

ところで、Hさんがコーヒー持参していたことで、皆がものすごく喜んだ話をしますね!
コーヒー飲みたい!でも、コーヒーもなければシステムもない!外のカフェはまだ空いていない?
そんな中・・・部屋に戻った私たちにHさんが一言・・「コーヒーあるよ・・」
「えええええ~?Hさんコーヒー持っているの?!と皆は異口同音の反応!
「うん・・。私・・持参しているの。いつも・・」と相変わらず言葉は少な目ですが暖かい雰囲気で・・。
バッグから取り出したのはスタバのコーヒーです!
「Hさん・・全員分ある?もしかしてこういうことが起きると予想してた?」という私・・。
「うん~。こういう女将がいるかも・・という予想ね・・」と茶目っ気のある返事・・。
そうこうしているうちに・・貴重なスタバのコーヒーを皆で分け合うようにRさんや現地幹事のKさんやら、JunちゃんやらOさんやらが淹れてくれました!

「おいしい~!!!」
コーヒーに飢えていた私達にとって、この朝のこのコーヒーの味は絶品!でした~。

大石田までのバスは来た時と違う運転手さんでしたが…やっぱりあまり会話なく…東北の男性って無口の人が多いのかしら~。
大石田から電車、新幹線と乗継ぎ、山形からは高速バスで仙台に!

仙台に到着したのが午後12時過ぎ・・。当然、ここでランチになります。で、このランチはすでに記事でも書いたように、松島湾観光の遊覧船の待ち時間に、現地幹事のKさんが皆の好みのランチメニューを聞いて、お店に連絡してくれていたものです。
実は・・このようなランチの手配に関しても・・面白いエピソードがありました!
それは・・ですね(笑)・・ツアーが近づいてきた日、私は再度、ツアーの日程と行動予定を細かくチエックしていました。
すると最終日のランチの予約ができていない!ことに気がつき慌ててデコちゃんに連絡。このランチは予約したほうが良いと思うがどこにしようか?
そしてその返信に私はびっくり仰天!したのでした~。
曰く「昼食の予算は計上してあるので、仙台に向かう高速バスの中でお弁当でもいいかな。その時の雰囲気で仙台のレストランでランチもOk」でした。
「弁当買って乗るの?アイデアだけど、可能か?徒歩4分の間に買うの?Kさんに買ってもらうの?ちょっと無理かも。仙台着いてその時の雰囲気でも9人の行動はちょっとな~。いっそのこと、このランチは自由にしてもらう?」
「そっか~!仙台についてからだね」
私は・・9人の人たちの行動を想定して、あれこれ考えると・・当日のその時の雰囲気で決めるというのは考えられない性分でした。
昼時、一度に9人・・。自由にしたとしても、土地勘のない人達にとっては迷うことのほうが考えられました。お弁当も高速バスの待ち時間で、どこで買えばいいのか・・数分間で可能か・・。
ああ~!私はデコちゃんのおおらかさが恨めしくもうらやましくもありました!
でも実は・・このことに関しては現地のKさんも楽観的な意見でしたので・・私は「お二人がそこまで言うなら・・お任せします!」と大英断(笑)

でも・・結果的には後日・・Kさんが素敵なお店を調べてくれて・・そこに予約!
ランチは個室で・・またまた素敵な食事時間になりました!
素晴らしい!!

皆でまたビールで乾杯ですが、私・・「はい。ここの乾杯の音頭はメンバーの誰かから幹事への感謝お言葉を~!」って勝手に言っちゃいました~
そしたらSさんが「僭越だけど・・今回は公的機関の利用にもかかわらず、時間の正確さや待ち時間の調度よさ・・。細やかな配慮等々・・幹事さんたちに本当に感謝です!ありがとう!」と言ってくれました!
こちらこそ、ありがとう

で・・ランチの後は自由行動で・・それぞれがお土産買ったりして、あとは飛行場に向かうだけ!

ところが・・飛行場に向かう・・途中に、またまた事件が!

飛行機の運行状況は相変わらず、引き返すかも・・のままでしたが、とりあえず、飛行場に向かった私たち。。
仙台駅から空港行きの快速に乗り・・2駅通過したころ・・・突然、列車が停車!
うん?これはどうして・・?
しばしの後、車内アナウンスで「只今、緊急停車しております。理由はセンターから緊急停車信号を受信したからです。原因がわかり次第またお知らせいたします。ご迷惑をおかけして申し訳ありません」
あらら~
ここに来て、またもや想定外の出来事が!!
空港までの余裕時間は電車2つぶんとっていましたが、このままここでずーと待機していては飛行機に乗れません!
うーんどうしようか・・。
早速、ネットで調べます!
「交通機関の遅延の場合は遅延証明があった場合には、航空会社によっては振替できることがある」の一文を見つけ、全員に連絡!可能性だけでも見つけられて少し安心しました

そうこうしているうちに電車が動き出しました。約20分の遅れでした・・。
ところが、この電車!こういう場合にはスピード出してもいいのでしょうかね~(笑)どうもいつもより早く走っている気がします。
空港に着いたら、やっぱり!と思いました。遅れが20分から10分くらいに詰まっていました!ありがたや~(笑)

ということで・・空港で待っていてくださったKさんのご主人から荷物を受け取り・・感謝とお礼と名残惜しさいっぱいで、Kさんご夫妻にお別れを告げて・・・8人の乙女は無事に雲の上の人となったのでした~。めでたし・・めでたし。。

最後のこの写真は、デコちゃん作成の予算書です!
会計
これがあったおかげで、会計のKさんも大助かり!
私も大いに活用しました!
ありがとう!

メンバーの皆さん、読んでくださったファンの方(笑)~これで、今回の旅の思い出記事は終了で~す!
コメント・感想書いてくれたら励みになりますよ~。

では。またね~。

4 Comments

メンバーR  

楽しい旅日記

全てを読み終えて、文面から上品そうな雰囲気が漂い筆者の日頃の生活姿勢が伺えましたよ。兎に角、幹事の皆さん時間をかけて見えないところで頑張ってくれたのですね〜
改めて、感謝します。
私は、11/25夕方、一週間の四国でのホームスティを終えて帰宅しました。
屋島を眺め、那須与一が、船上の扇を射抜いた駒立岩これは、干潮時に見られるもので、丁度都合よく見ることができました。

今治市のしまなみ海道の途中にある村上水軍博物館と別子銅山を見て来ました。後は、高松市塩江町の阿讃山脈の尾根にあるFさんのお宅で各自希望のアクテビティに参加して過ごしました。お宅からは山また山の風、景です。
目前の山々の紅葉が綺麗でした。周囲には街灯などの明かりがないので月明りを頼りに歩きました。夜空には、天の川がきれいに見えました。
真っ暗な山道を運転してカーブを曲がると
どこか異次元の世界にでていくような気分でした。
文章が長くなちゃった。

2017/11/26 (Sun) 15:59 | REPLY |   

テレジア  

Re: 楽しい旅日記

Rさん!コメント、サンキュウでしたv-432
ツアリーダーとしての心意気?はRさんに山に連れて行ってもらっていた時から、いっぱい学びました。恩返しできていますか?笑)

1週間の四国での行動の様子を読んで、アクティブだな~と思いつつ、でも自然に囲まれた中でのそれぞれの楽しみ方があって素敵だな~と思いました。
私も行きたい気持ちもあったけど、1週間のインタバールでは体力的に厳しかった(笑)

21日から昨夜まで東京でしたが、帰りの飛行機が一時間半遅れて、帰宅は真夜中でした。今日はこれから大学です。
来週月から、また東京・・。今年は変則的な年末になりそうです。

ランチ会で、またね!

2017/11/27 (Mon) 09:00 | REPLY |   

エメラルド  

Facebookで、松島の写真はどなたが撮ったのかなーと何気に思っていたら、運転手さんだったのね・・・と読み始めました。そこから一緒に笑ったりハラハラしたり、景色を楽しんだり、一気に読ませていただきました。皆さんの、臨機応変さ、機転は、「さすが・・・」とつぶやきました(笑)。また、素敵な思い出が増えましたね。

2017/11/28 (Tue) 21:43 | REPLY |   

テレジア  

Re: タイトルなし

エメラルドさん
コメントありがとう!
一緒に楽しんでくださって嬉しいです~v-345
旅に出ての想定外の出来事ほど記憶に残るのよね~。
それが忘れがたい思い出なんでしょうね~。

あ、それから、食べ物の味も!(笑)

2017/11/28 (Tue) 22:51 | REPLY |   

Post a comment