flower border

テレジアの蒼い小窓

日々の暮らしの中で感じたこと・・他のひとにも聞かせてあげたくなる話・・人生しみじみする話・・ 胸キュンの話・・等など・・気軽に遊びに来てください。 テレジアの蒼い小窓はいつでも開いています。

~秋の仙台松島観光と大正ロマン銀山温泉♨~クラス会ツアー~その③~

Category旅の思い出
2017.11.19
おはようございます。
今朝起きてびっくり!
窓の外は一面雪景色で、積もっています!
ああ~ついに冬になりました!
東北ツアーは良い時期に行ってきたのだな~としみじみ思いました・・。
でも、この仲間の数人は、今週から四国や山陽方面に旅行に行くというのですから、ホントすごいですぅ~
思い出に思い出が重なって、いつのことだかわかんなくならないのかな~(笑)

それはさておき・・今日は「円通寺のライトアップ」と仙台の「牛たん福助」の写真満載の記事で~す。

「あそこに甘味処がある!」と一番最初に言ったのは誰だったかわからないけど(笑)とにかく私たちは甘味に飢えてました。
甘いものも、コーヒーも欲しかった!
お土産屋さんも並ぶ境内のとある甘味処に入りました。
そこにはライトアップの時間を待っているらしきお客さんがいっぱい・・。
「ね~!なにを食べるぅ~?」
「私はコーヒー!」
「私も!」
「うーん!私は・・ずんだもち!仙台のずんだもちって美味しいのよ~」とOさんが自信たっぷりに・・笑顔満載で言います!今、目前にずんだもちが置いてあって、それを見ていて唾液がいっぱい!というような説得力と臨場感でした!
私の心は揺れました・・。
「ずんだもちね~。それって何個あるの?」あわよくば少し分けて欲しいという下心の発言
「何個か・・写真ではわからないけど・・・多分一個ではないと思うからKさん食べる?」優しいOさんお返事でした~。
「うん!」何て調子の良いワタシ・・。
運ばれてきた、緑色の餡が綺麗なずんだもち、一個いただきました~!
美味しかった~!
この後の行程で時々食べたずんだもちでしたが、ここのが一番おいしかった!
Oさんありがとう!
他の人たちは・・何を注文したのだっけかな~。お汁粉?甘酒?とにかく・・ここは肌寒かった身体を温め、甘いものでエネルギーを補給できた、タイミングの良い場所になりました!

外はたっぷりと暗くなってきています・・。
「ボチボチ・・ね~。もう院の前に人が並んでる・・行きましょうか?」
そうなんです。開場は5時半ですが・・もう5時くらいからすでに行列が・・。
「へ~。ライトアップにも並ぶの~?」とこのライトアップイベントがすごい人気で平日はもとより、週末は駅のほうまで行列ができるほど、と聞かなければ、そういうことにはとんと疎い私でした。

入場券を早くに入手していた私たちはスムーズに中に入ることができました。
この先は暗いこともあり、皆はばらばらに行動することになります・・。足元気をつけてね~。


ライトアップ
門を入ってすぐに見えた風景に、皆が立ち止りました!
素敵~と口々につぶやく声が聞こえます。
「みなさん~。ここで立ち止まるのはちょっと我慢しましょうね~。まだまだきれいな場所はありますよ~。ここは入口からすぐのとこだから、立ち止ると後ろの人が進めませーん。だから・・帰りにゆーっくりまた観ましょうね~」お寺の方の優しいガイドにほっこりしながら歩みを進めます・・。


ライト1
わ~。きれい!
桜のライトアップは観たことあるけど、紅葉のライトアップは初めてでした。

ライト
フラッシュなくてもこういう風に映るのですね~


ラオト2
紫のライトアップとは!
背景が紫で建物が漆黒というのは、三島由紀夫の戯曲「卒塔婆小町」の舞台で美輪明宏が演じた6条御息所の亡霊を思い出させました。
幻想的~!

らくぃと
この建物の裏は山肌?そこにライトアップが・・。


らいと3
実際の色合いはもっと素敵でしたね~。



園内では雅楽の演奏も・・。
これが一層の幻想的なムードを・・・。

らいと8
いいよな~


ライト5
鮮やかなグリーンとの対比も効いています!


ライト7
着物の柄にしたい!


ライト6
池の水面に映る紅葉・・。
かすかにゆらぐ水面に映る紅葉の幻想的な美しさ・・。見惚れました~。
Oさんがなかなか戻らなかったのは、ここでずーっと眺めていたらしい・・日本画を描く彼女にはきっと美しさが人一倍鮮やかに印象に残ったのかも・・。

園内をゆっくり歩いても立ち止まることが憚れるくらいの人でした・・。若いカップルの方々も見かけましたが、ゆっくりと雰囲気を楽しむにはちょっと人が多かったかも・・。これでも開園すぐの時間だったけど、帰りがけにはもっと多くの人が並んでいました~。

思いがけない紅葉ライトアップを愛でた後は・・今日のメインイベントのひとつ・・仙台牛たん!です。

「牛たん福助」
このお店を選んでくれたのはKさんのご主人でした⇒感謝その②
仙台は牛たんの発祥地として有名ですし、私も2~3年前に仙台に行った時、駅のレストラン街で食べました。仙台のお土産街にも「仙台名物牛たん発送します!」の看板が目立ちます。
でも・・本当のところ、どのお店が美味しいのか・・は観光客にはなかなかわからないもの。
それで現地幹事のKさんに、仙台の夕食は名物の牛たんにしたい、でもお肉がダメな人もいるので、牛たんの他にも何か出せるお店、できればホテルや駅から近くて・・飲み放題で・・とものすごい難しいお願いをしたのでした。

にもかかわらず・・「ここなら良いのでは?」の推薦がここでした!HPもご覧ください

そして・・ここでもうひとつ・・Kさんの心意気に感激したのと私の世間知らずを恥じるエピソードも!
それはこの宴会予算のことでした。
ツアー全体の予算は一応7万円ということで皆には周知していましたが、私の中では絶対6万円台にしよう!という気持ちがありました。2泊3日ツアーで、かけてもいい予算ってどのくらいなのかな~と頭の中でプラン練るときに常に思っていました。
海を渡るのだし・・飛行機使うのだし・・2泊するのだし・・食事代、入館料、JR代金諸々含めたら、7万円だってOKだよ~という人も少なくなかったのですが・・でも私は、年金暮らしの現在、生活の仕方や、旅行にかけてもいいと思える金額の幅って、人其々・・と思っていたので、函館ツアーの2泊3日の時のツアー代金を超えないように!と決心していました。あのときは贅沢な?ホテルに泊まったり、老舗割烹でお食事したり・・でした・だから、今回はできるだけ皆が、リーズナブルでありつつも旅を楽しめて、美味しいもの食べて・・泊りは一泊はそれなり値段でも、もう一泊はビジネスホテルでも!という思いで、綿密プランしていたのでした。

そしてこの宴会費用予算は飲み放題で税込5000円くらいで・・とKさんにお願いしたのでした。
ああ~。今思っても、何て無茶な予算かと思うのですが・・牛たん料理のコースを体験したことがないのと飲み放題と言っても、女性ばかりだから、そんなには・・などと思っていたのでした。
一度Kさんと事前打ち合わせしたときに・・5000円くらいで?と確認されて、その時のKさんの雰囲気が何とはなしに微妙でしたが、「わかった交渉してみるね」と言ってくれていたのでした。
その数週間後にメールがあって、「コースは牛たんの他にもだしてもらえるコース、飲み放題もOKにしてもらったけど、5000円は厳しいので7000円にしました。差額は私は地元で飛行機乗らないから、その分で!」という内容です!
私はもうびっくり仰天
すぐにデコちゃんとKさんにメールして謝りました
私の節約し過ぎ傾向と、牛肉ということを考えたら、この予算が初めから無理だったこと、でも予算的には予備費で出せるから大丈夫!と。
でもKさんは「却って気遣わせてしまったわね~。この話はこれでね!」と太っ腹のキメ発言!
そうだったよな~。Kさんは美人で優しいけど、こういうキメ発言する姉御肌みたいなとこあったよな~と学生時代の頃を思い出していました。
そうは言っても・・今回はこちらも引き下がれないから(笑)会計のKさんにもここはバッチリ予算変更伝え、支払いの時も、念を押す行動とあいなりました~。

そういう裏話があったから・・この夜のこの料理の美味しいことに皆が大満足!だったことには私も本当にKさんには大感謝でした!


服
ビルの2階にあるお店。
うーんこの看板からして・・老舗感が漂うではありませんか?!

副
こういう写真も!
私、サンドイッチマン好きです(笑)

ふく1
カウンターと奥の席、とあまり大きくないのですが、それがまた私たちにはぴったり!で、みんなご機嫌でした。
福助のおしぼり絵が可愛い!

ふく2
柿とお豆腐の料理・・。
美味しかった!

ふく3
お刺身の盛り合わせ!!
これがまたものすごく美味しい!
北海道で美味しいお刺身は食べているはずだけど、ここはまた抜群に美味しかった!
まぐろも!

ふく4
これはKさんのご主人からの差し入れの日本酒⇒感謝その③
飲み放題で、生ビール・日本酒(冷酒!)やウーロン茶や色々飲みましたが、このすごい日本酒にも感激の声が!!


ふく5
お待ちかね!!
牛たん!
絶品でした!
実は私の夫の甥が市内で牛たん屋を営んでいて、何回か食べたことがあるのですが・・老舗の味にはかないません・・。
程よい厚さのたんと、香ばしい焼き具合に、箸が進みました!
また付け合せの南蛮の味噌づけもおいしく、からし菜?(野沢菜?)の味ともマッチして絶妙でした。
Sさんは、牛たんのイメージが変わった!と。
また南蛮の味噌漬け、買って帰りたーい!とお店の方に、どこで買えばいいのか・・製造元は?などと聞いていましたよ~。

ふく6
あなごの天ぷら!
ここのあなごは厚みがあって美味でした!
牡蠣の料理も考えてくださったらしいのですが、ランチに牡蠣フライを食べるということで、あなごにしてくださったとか。
こういう配慮も地元でこちらのお店を知っている(通っている?)Kさんご夫妻のおかげでした。

ふく7
器の色が私の大好きな藍色で統一されていたのも好きでした。
これはサトイモとゆず味噌・・。
ふんわり~と美味しい!

ふく8
これが牛たん?!
美しい~
これこそがここの福助が始めた料理です。
何でも牛たんの奥の部分しか使えないので、3人からでないと注文できないコースとか・・。
美味しかった!!

ふく9
こちらが野菜・・。
たっぷり!

ふく10
しゃぶしゃぶ鍋
牛たん入れてからの写真だから、アクが・・

ふく11
〆は雑炊です。
ここまで満足・満腹の私たちですが、牛たん雑炊って初めてだから、チャレンジ!
これが実にまた美味しかったのでした~

今、こうして・・福助でのひと時を写真を眺めながら振り返ると・・・唾液がでます(笑)
ツアーの中で一番の時間ではなかったかと思います。
本当に、ここでは一気にお互いの距離が近くなったような感じでしたよ~
ほろ酔いも手伝い、色んな話ができて・・愉しかった~!
美味しい料理と美味しいお酒・と気の置けない仲間との語らい・・。

ホント・・至福でしたね~

次は・・山形の「山寺」でーす♬

0 Comments

Post a comment