flower border

テレジアの蒼い小窓

日々の暮らしの中で感じたこと・・他のひとにも聞かせてあげたくなる話・・人生しみじみする話・・ 胸キュンの話・・等など・・気軽に遊びに来てください。 テレジアの蒼い小窓はいつでも開いています。

尻別岳登山

Category雑記
2017.06.04
昨日、久々(2~3年ぶりかも)に登山仲間と「尻別岳」に登ってきた。
昨今、近郊の山にも、というより里山といわれる親しみある山にも「クマ出没」情報が出るようになり、とても単独で気軽に行けなくなって久しい私でした。

4月の着物女子会のときに「久々に皆でどこかの山に行かない?」ということになり、リーダーのOさんの提案してくれたのが「尻別岳」
1107Mのそれほ高くない山。「蝦夷富士」と呼ばれる「羊蹄山」の真向いの山。
6月3日行くので、それまで各自、自主トレしておくように、とのことで過ごしていたこの2か月弱。

4月末に~5月初めにかけて友達と3回、里山で足慣らしの登山して、4回目!と思っていたときに、クマ騒動があり、また私のインプラント周囲炎治療の切開手術があって、断念。
2週間の仕事で疲れた身体の後の登山・・大丈夫か?とも思ったが、何とかなる!と思って楽しみにしていた。

天気予報では3時ころから雨模様になるから、暖かくできるように準備してきて、とリーダーからの連絡。
「あいよ。わかっておりますわ~」と準備万端でお出かけしました!

登山口までは車で往復4時間以上。往復とも仲間の運転する車に便乗させてもらうことができて本当にありがたい!
車内ではあれこれのよもやま話に登山前にも楽しい時間が過ごせた~。

車窓から頂上まではっきり見えた「羊蹄山」はものすごく大きく!冠雪はなかったけど、残雪はあり、壮観な姿に「やっぱり良いよね~」「でも羊蹄山登山はほんとにきつくてきつくて、もう二度と登りたくない!」「へ~やっぱり、富士と名のつく山は観るほうがいいのね~。富士山、蝦夷富士、利尻富士・・もね」と語り合っていたけど、ふと見れば、羊蹄山の隣に見えたのが「尻別岳」。
それを見たデコちゃんが「あれが尻別岳?!ちいちゃいよね~」とのたまうた!
「ほんとね~。強気な発言~!」と皆で笑いあったのが・・・後々の笑い話になるとは・・誰がこの時点で想像したか・・。

やっぱり山は登ってみないとわからない!

尻別岳一口
登山道入口。登山者名簿にも記帳して登山スタートです。
リーダーが登山前の注意事項を話してくれました。「これから登ります。標準時間は2時間ですが、3時間みていますので、無理しないで登ってください。転倒には注意してくださいね~。ポールの扱い方も変えたほうが良い場合もあります。登りはそれなりですが、勾配あります。9合目がきつかも~。3時ころから雨の予報だから、それまでに何とか、と思いますが、低体温には注意してね~。先頭はJちゃん・・最後はKさんにお願いします」

「は~い。頑張りまーす」

一行は12人。女性が10人男性が2人です。
出発時刻は10:00

山林の中を歩きます・・。
「うーんやっぱり良いですよね~。森林の中は~」
とおしゃべりしているうちに・・・すぐに、まっすぐな登山道は勾配になり・・どんどん急に・・。
「え~。もう登り?」
「きつくない?」
私と数人の仲間は口々に・・。

でも尾根を歩くので左右の見晴らしが良いのが嬉しい。


留寿都リゾート
眼下に「ルスツリゾート」が広がり、軽快かつにぎやかな音楽も聞こえました。
「子どもが小さいころ、何回か連れて行ったわよね~」
同年代の仲間の話はすぐにあいます!
「そうそう・・あのころはディズニーランドとか・・テーマパークの時代だったもんね~」

こんな軽い話も・・その後の急な勾配や急な降りの連続にいつしか沈黙に・・。

それでも・・可憐なお花たちは目に入る余裕はあって・・スマホでパチリもできたのは登山歴そせれなりにできていたから?

しらねあおい
「しらねあおい」の透き通るような色合いが素敵。白いのもあったそうですが、私は観ないで通過したみたです。


えぞかんぞう
「蝦夷かんぞう」っていうらしい。別名ニッコウキスゲ?
オレンジ色のユリのような感じのお花で、一日しか咲かないそうです。
咲いたばかりの若々しくも瑞々しいお花でした。


蝦夷桜
これは山桜ですが、とっても小さなお花です。やっぱり高いところの気候にあっているのでしょうか。
小さな桜は可憐でした。

登山道の左右に色んなお花や山菜がありましたが、それらを愛でるのも、だんだん辛くなってきました・・。
急勾配がどんどんきつくなり・・息も絶え絶え・・足が重くて・・というか、太ももの裏側が痛くて・・足が上がりにくい・・。
「まだ~!もういやだ~。こんなに歩くの~!」
こんな弱音と愚痴を何度となく吐き出しては楽になり、荷物をリーダーに預けたデコちゃんの「頑張れ~!頑張れ~!」の掛け声に「荷物のない人に言われたくないわ~」と憎まれ口もまだ言えるほどの元気はあったようです(笑)

9合目付近にはロープを使う箇所が3か所もあり、やれやれでした。
私・・のぼりのロープはまだしも・・下りのロープ使いが下手で、すごくきつかった・・。

まだか~・・まだか~・・と思いながら・・・登りました・・。


頂上
ようやく!頂上!!!
12時20分でした!
おお!3時間は切っているではありませんか?!
先についていた仲間はお弁当食べてましたが、私はまずは、頂上写真!
あいにく、羊蹄山の頂上は雲がかかっていました。先についた仲間が言うには一瞬雲間が途切れて頂上が見えたとか。
残念!

頂上は結構寒くて・・すぐに着込んで・・エネルギー補給の食事して・・。
「よく登ったよね~!」と皆で喜び合いしばしの休憩・・。

でも3時ころからは雨の予報だったので。13時には下山開始。
この下山がまたものすごくしんどくて・・。

だって登りが急勾配ってことは降りも同じってことです。登山はくだりのほうがきつい。
転落が怖いから慎重になるし、でも帰り道だから気分としては幾分楽にはなっている・・でも油断できない緊張感と膝にくる痛さがだんだんと強くなり・・。
「あいたた~」と言いながら・・クエリさんに「魔法の粉」もらって飲んで(アミノバイタル)頑張った・・。

下山の終盤に小雨がポツポツ・・。
本格的な雨に当たらないうちに無事に下山!
ああ良かった~!

身支度整え、帰りはキロロリゾートの温泉で汗を流して、さっぱりと!
ちょっと冷えた身体をゆっくり温めて・・・雨足の強くなった中を・・一路家路に!

ふ~・・。
今日の登山はきつかった~!
でも面白かったな~。
Tさんが採ってくれたウドを早速茹でて、明日から酢味噌和えにして食べよう!と思いました。

そして・・TV観ながら・・ストーブ焚いたお部屋は暖かいから・・ついつい・・。
ソファでうとうとしていて、何気に振り向いたら「ひかる」も眠くて眠くて・・という表情。可愛らしさに思わずパチリしました。

めんこいひかる
眠ってしまう直前の貴重な瞬間。癒される~。

4 Comments

クリムトの君  

ご苦労さま

尻別岳登頂お疲れさまでした。記事を読んでいると尻別岳の急勾配さが良く伝わってきました。以前何回か登ったことがあるので9合目付近の急勾配で且つ狭い登山道のことは良く覚えています。道の左右を見てもまるで崖っぷちのようなので高所恐怖ぎみの人には大変だろうなと当時思ったものです。
要諦山の頂上付近が雲で隠れていたのは残念でした。
急勾配のことを考えると雨が降らぬうちに下山できたのは何よりでした。
尻別岳は「しらねあおい」の群生で有名で、僕もあの淡い紫の花は好きなのですが、
最初に登った時、しらねあおいの花粉(?)にアレルギー反応を起こし両目がまるで宇宙人のように赤く大きくはれ上がったことがあり、それ以降はしらねあおいの場所は遠回りするようにしています。写真の美しいしらねあおいをみてそんなことを思い出しました。

2017/06/09 (Fri) 15:30 | REPLY |   

テレジア  

Re: ご苦労さま

クリムトの君さま
尻別岳に登られたことがあるなら、あの急こう配のきつさはおわかりいただけますよね~?
9合目あたりの勾配のところでは、健脚の男性陣が林の合間に見える左右の遠景を語ってくれたのですが、正直、観る余裕はありませんでした(笑)
「しらねあおい」は夕張岳も群生が綺麗だった記憶がありますが、尻別岳もきれいに咲いていて、この時期に登ったことは良かったな~と思います。
でも「しらねあおい」でアレルギー反応って怖いですよね。鼻水ぐじゅぐじゅくらいならまだしも、両目が腫れて宇宙人みたいになるなんて・・。
そういうことに注意すれば大丈夫なら、登山はいっぱい楽しみがありますよね~。

2017/06/11 (Sun) 19:09 | REPLY |   

ミセス・クエリ  

次の登山は?

テレジアさん
 先日の登山、お疲れ様~ 登り、ホントにきつかった(ためいき)
 1時間ごとに魔法の粉を飲みました。

 帰りの車の中でリーダーの0さんが「クエリさん、今度どこ登りたい?」
 絶句してぼそぼそと答えたアタシ(しんどさの余韻が残っていて)

 それでも案外、頑張れるものですね。Jさんが「クエリさん歩幅もう少し小さ
 くして、内向きに」と的確に声を掛けてくれたのがよかった。

 下りのロープの使い方はかなり難しかったです。
 次回の登山までに体重、5kg落としたいクエリです(笑)

2017/06/13 (Tue) 19:33 | REPLY |   

テレジア  

Re: 次の登山は?

クエリさん
やっぱりそうですか~?!
私とKさんも「次もどこかに行きたいよね~」と言う組でした(笑)
あんだけきつい登山のはずだったのにね!
山の魔力かな?

で・・どこを希望したの?ボソボソ・・とでも言ったのでしょう?(笑)
ご相伴させてね!

わたしも体重落としたいです。
おなか周りがすんごく重くなってきた・・。

2017/06/14 (Wed) 08:26 | REPLY |   

Post a comment