flower border

テレジアの蒼い小窓

日々の暮らしの中で感じたこと・・他のひとにも聞かせてあげたくなる話・・人生しみじみする話・・ 胸キュンの話・・等など・・気軽に遊びに来てください。 テレジアの蒼い小窓はいつでも開いています。

娘からの贈り物

Category雑記
2017.02.20
映画「沈黙」を観た娘がラインで感想を送ってくれた。

「お母さんが私の最初に触れる「宗教」にカトリックを選んでくれて感謝しました。でなかったら、あの映画もわからなかったと思う」

私は正直ジーンとしました。

娘と息子は幼児洗礼で、堅信儀式はしていません。
私がこどもたちに幼児洗礼を授けてもらったのは、この先の彼らの人生の中で味わうだろう悩みや哀しみや苦悩の数々・・の局面で、もしかしたら触れるかもしれない「宗教」が本物か偽物か、自分で判断できるための指針になってくれたらいい、と思ってのことでもありました

土曜学校に行かせたり・・・当人たちにとっては放課後遊びたい気持ちでいっぱいの時代であったでしょうから、後になり、親の私が強制したのだと自分を責める時期もあったのですが、今は、信仰心や宗教は「自由意志」の尊重・・ということも学んでくれたのだと感じています。

映画「沈黙」は宗教に関係なく、だれの人生にもあった「踏絵」の哀しさを描いていますと原作者の「遠藤周作」さんが講演でお話しされているので、ぜひ多くの人に映画を鑑賞していただきたいな、と改めて思った娘からのラインでした。

0 Comments

Post a comment